周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

国家的要注意人物 (A loose cannon in Medieval Japan)

  嘉吉元年(一四四一)五月十六日条 (『図書寮叢刊 看聞日記』6─280頁)

 

 十六日、晴、持斎如例、(中略)抑聞、異形之比丘尼自奥州上洛、此間徘徊云々、其

  形有目一云々、但片顔より大なるこふありて、おとかひまてさかる、其下

       分明

  有眼歟、不■■云々、片顔普通之人也、片顔異形如妖物、公方被召置、伊勢

  被預云々、

 

 「書き下し文」

 十六日、晴る、持斎例のごとし、(中略)抑も聞く、異形の比丘尼奥州より上洛す、此の間徘徊すと云々、其の形目一つ有ると云々、但し片顔に額より大なる瘤有りて、頤まで下がる、其の下に目有るか、不分明と云々、片顔は普通の人なり、片顔は異形の妖物のごとし、公方召し置かれ、伊勢に預けらると云々、

 

 「解釈」

 十六日、晴れ。持斎はいつものとおりだ。(中略)さて、聞くところによると、異形の比丘尼が奥州から上洛した。しばらくの間徘徊していたという。その容貌は目が一つだけだそうだ。ただし、顔の片側に額から大きな瘤があって、顎まで垂れ下がっている。その瘤の下に目があるのだろう。はっきりわからないという。顔の片側は普通の人である。反対側の顔は普通の姿とは異なった妖怪のようである。将軍足利義教はこの比丘尼を捕らえ、政所執事伊勢貞国にお預けになったそうだ。

 

 It was sunny on May 16th. Well, I heard that a deformed nun came from the Tohoku region to Kyoto. She walked around the city for a while. It looks like she has only one eye. However, there is a large lump on one side of her face, hanging from the forehead to the chin. The other eye may be hidden by the lump. I do not understand clearly. One side of the face is a normal person. The other side of the face looks like Yokai, which is different from the appearance of a normal person. I heard that the general Ashikaga Yoshinori captured this nun and detained it in the residence of Ise Sadakuni (Steward of the office of administration of Muromachibakuhu).

 

 

 「注釈」

*普通の人?一般の人?とは容貌の異なる尼僧(姿の女性)が徘徊していた。ただそれだけで、国政の中枢にいる将軍が国家権力を発動してこの比丘尼を捕らえ、政所にその身柄を預けたのです。いったい、どうして比丘尼はこのような扱いを受けたのでしょうか。

 中世びとはこうした相貌を、前世からの因縁や業に由来すると考えました。また、以前に「異形の捨て子と連続する怪異」という記事でも書きましたが、奇形児の出現は不吉な出来事の前兆とも考えられていました。今回の記事は子どもではありませんが、特殊な容貌が災いを引き起こすと考えられていたからこそ、わざわざ将軍自らが捕縛命令を発し、政所で監禁したのでしょう。ひょっとすると、中世における治安維持活動の一種だったのかもしれません。理由のわからない異質性・異常性に対して、中世びとは過剰に恐怖心を抱いていたようです。

 翻って、現代人はこうした相貌の異質性をどのように考えているのでしょうか。多くの場合、医学的な原因による奇形や障害だとみなすはずです。中世に比べれば、ずいぶんと科学的な思考をもてるように進歩したものだと感心しますが、「奇形」や「障害」という言葉に、差別的・侮蔑的意味を付加してしまうところに、まだまだ未熟さが見られるようです(「『奇形』を含む医学用語の置き換え提案   日本小児科学会から経過報告」日本医学会分科会用語委員会、http://jams.med.or.jp/dic/h30material_s5.pdf)。

 いったい、いつになったらこの未熟さを克服できるのでしょうか。それとも、言葉(記号)を使うかぎり、永遠にこの欠陥から逃れられないのでしょうか…。

 

 A nun who was different in appearance than a normal person was walking around. Only for that reason, the general captured her and detained in the residence of Ise Sadakuni. After all, why was she treated like this?

 The medieval people considered that karma in a previous life turned human beings into special appearances. Also, once, I wrote an article "Abandoned malformed child and weird phenomenon". And I pointed out that the medieval people considered the malformed child was a sign that bad events would occur. In the Middle Ages, it was thought that a special appearance would cause a disaster. That is why the general himself had ordered to capture her. It seems that medieval people were very afraid of heterogeneity that they could not understand.

 Well, how are modern people thinking of such heterogeneity? We often consider it to be malformation or injury due to medical causes. Compared to the Middle Ages, we admire that we have advanced so much that we can think things scientifically. However, it seems that we still have immaturity where we add discriminatory and insulting meanings to the words “deformation” and “disability” (“proposition to replace medical terms including“ deformation ” Progress report from the Japanese Association of Pediatrics, "Japanese Medical Association Subcommittee Terminology Committee, http://jams.med.or.jp/dic/h30material_s5.pdf). When can we overcome this immaturity? Or, as long as we use words (symbols), can we not escape from this defect forever?

 (I used Google Translate.)