読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

酒の粗相で絶交・・・

楽しい古記録 建内記(完)

  嘉吉元年(一四四一)七月二十六日条 (『建内記』3─295)

 

 廿六日、庚申、雨下、

  (中略)

 蔵人左少弁入来、昨日爲教秀代参番了、夜前山科中将有経花山院番代参勤之処、彼朝

 臣以外沈酔参之、反吐入泉殿御舟、言語道断次第也、於龍頭者不汚歟、進御所云々、

 於御舟者必可被新造哉云々、狼藉之至不便々々、後聞、依此事彼一家人々於有経朝臣

 者絶交之由成任奏聞云々、剰事歟、

 

 「書き下し文」

 蔵人左少弁入り来る、昨日教秀の代として番に参り了んぬ、夜前に山科中将有経花山

 院の番の代わりに(番代に)参勤するの処、彼の朝臣以ての外沈酔し之に参る、反吐

 を泉殿の御舟に入る、言語道断の次第なり、龍頭に於いては汚れざるか。御所に進む

 と云々、御舟に於いては必ず新造せらるべきかと云々、狼藉の至り不便不便、後に聞

 く、此の事に依り、彼の一家の人々有経朝臣に於いては絶交の由成任奏聞すと云々、

 剰りの事か、

 

 「解釈」

 坊城俊秀がやって来た。昨日勧修寺教秀の代わりとして小番のために参内してきた。昨晩に山科有経が花山院持忠の代わりとして小番のために参勤したところ、この有経はひどく泥酔して参内していた。反吐を泉殿のお舟の中に吐いた。とんでもない事態である。龍頭については汚れてないのだろうか。有経はそのまま御所に進み入ったそうだ。お舟についてはきっと新造されるのだろうか、という話も出たそうだ。不埒の極みであり、たいそう不都合なことだ。後で聞いた。この一件によって、山科家の一門は有経と絶交することを、山科成任が後花園天皇に奏聞したそうだ。あまりにもひどいことだなあ。

 

 「注釈」

「蔵人左少弁」─坊城俊秀。

「教秀」─勧修寺教秀。参議。後に武家伝奏を務める。

「番」─内裏小番(禁裏小番)。内裏の警衛・宿直に当たる殿上人の仕事。輪番で勤め

    ていた(家永遵嗣「室町幕府と「武家伝奏」・禁裏小番」『近世の天皇・朝廷

    研究大会成果報告集』五、二〇一三・三、参照、https://glim-re.glim.gakushuin.ac.jp/bitstream/10959/3491/1/kinsei_5_43_96.pdf)。

「花山院」─花山院持忠。右大将・内大臣。

「泉殿」─泉の出る建物か、泉に面した建物。

「龍頭」─竜頭鷁首。龍の頭のようになっている船首部分。

「成任」─山科成任。のちの山科顕言。ゲロを吐いた有経は山科家の庶流で、成任の方

     が嫡流

 

* お酒の失敗というのは、今も昔もあるものです。泥酔した状態で出勤する(花山院

 の代わりですが)感覚は、さすがによくわかりませんが、山科有経は宮中でやらかし

 てしまいます。気持ち悪かったのでしょう、土御門東洞院殿?の泉殿に付けられてい

 た船に、ゲロを吐いてしまったのです。

  ゲロを浴びてしまった舟は、その後新造されたのかどうかはわかりませんが、この

 事件は、単なる粗相では終わりませんでした。なんと、有経は山科一族から総スカン

 をくらうことになったのです。当時の「絶交」が具体的にどのようなものかはわかり

 ませんが、何か政治的・経済的に問題が起こっても、誰も助けてくれなかったのでは

 ないでしょうか。その他にも、宗教的な行事からも排除されたのかもしれません。記

 主の時房は、酒の粗相のせいで絶好まですることは、さすがにやりすぎだ(剰事歟)

 と考えているようです。

  公家の処罰の一つに、身分・特権など剥奪される「放氏」というものがあるそうで

 すが、これに比べれば、まだ軽い制裁ということになるのでしょう。ただし「絶交」

 するには、天皇への奏聞を経て、勅許されなければならかったようです。そうする

 と、当時の親族関係における絶交は、現代のように私的問題にとどまるものではな

 く、非常に政治的・制度的な問題だったことになります。お酒の失敗には注意したい

 ものです。