周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

越後屋、おぬしもワルよのぉ〜

  永享三年(一四三一)七月六・十・十九日条

           (『図書寮叢刊 看聞日記』3─297・300・302頁)

 

 六日、晴、明日花合如例取集、座敷等室礼、抑聞、米商買之者六人侍所召捕糺問、被

           去月以来

  書湯起請云々、此事此間洛中辺土飢饉、忽及餓死云々、是米商人所行也、露顕之

  間、張本六人余党数十人被召捕、厳密沙汰云々、

   

 十日、朝雨下、花飾撤之、瓶等人々返遣、抑去月以来洛中辺土飢饉及餓死、是米商人

  所行之由露顕之間、去五日米商人張本六人侍所召捕糺明、被書湯起請、皆有其失、

  糺問之間白状、諸国米塞運送之通路、是所持米為沽却也、又飢渇祭三ヶ度行云々、

  与党商人も皆被召捕、張本六人被籠舎可被斬云々、所司代依此事失面目、職辞退

              足利義教

  云々、洛中飢饉以外也、自公方被定法、可米札沽却之由被触云々、(後略)

 

 十九日、晴、(中略)米商人被召捕張本六人之内、門次郎〈元乞食也〉・唐紙師等三

  人今日被刎首云々、京都米如元本復云々、珍重也、

 

 「書き下し文」

 六日、晴る、明日花合例のごとく取り集め、座敷等を室礼ふ、抑も聞く、米商買の者六人を侍所召し捕り糾問し、湯起請を書かせらると云々、此の事去月以来此の間洛中辺土飢饉、忽ち餓死に及ぶと云々、是れ米商人の所行なり、露顕するの間、張本六人・余党数十人召し捕られ、厳密に沙汰すと云々、

 

 十日、朝雨下る。花飾之を徹し、瓶等人々に返し遣はす。そもそも去んぬる月以来、洛中・辺土飢饉、餓死に及ぶ。これ、米商人の所行の由、露顕するの間、去んぬる五日、米商人の張本六人、侍所召し捕り糺明し、湯起請を書かせらる。みなその失あり。糺問するの間、白状す。諸国米運送の通路を塞ぐ。これ、所持する米沽却せんがためなり。また、飢渇祭三か度行なうと云々。与党の商人もみな召し捕らる。張本六人、籠舎せられ、斬らるべしと云々。所司代このことにより面目を失い、職を辞退すと云々。洛中飢饉以ての外なり。公方より法を定められ、米札沽却すべきの由、触れらると云々、(後略)

 

 十九日、晴る、(中略)米商人召し捕らるるる張本六人の内、門次郎〈元乞食なり〉・唐紙師ら三人今日首を刎ねらると云々、京都の米元のごとく本復すと云々、珍重なり、

 

*十日条のみ、東島誠「閉塞とV字回復の十五世紀」(『自由にしてケシカラン人々の世紀』講談社、2010、90頁)の書き下し文を引用しました。

 

 

 「解釈」

 六日、晴れ。明日の七夕花合のため、いつものように座敷飾りを取り集め、座敷などをしつらえた。さて聞くところによると、米商売に関わる者六人を侍所が召し捕って尋問し、(六人は)湯起請を執行されたという。この一件で、先月以来、洛中洛外が飢饉になり、あっという間に人々が餓死してしまったそうだ。これは米商人の仕業である。事が露顕したので、主犯格六人とその残党数十人が召し捕られ、厳しく処罰されるという。

 

 十日、朝雨が降った。花合の飾りを撤去し、花瓶などを人々に返却した。さて、先月以来、洛中洛外が飢饉になり、人々が餓死する状態にまでなった。この一件は米商人の仕業だということが露顕したので、去る七月五日に米商人の主犯格六人は、侍所が召し捕って尋問し、湯起請を執行された。全員にその失(異変)が現れた。尋問したところ、白状した。(商人たちは)諸国の米の運送路を塞いだ。これは、(商人たちが)所持している米を売却するためであった。また、飢渇祭を三度も行ったそうだ。仲間の商人もみな召し捕られた。張本六人は拘禁され、斬首されるはずだという。所司代浦上性貞はこの一件によって体面を損ない、職を辞したそうだ。洛中の飢饉は不都合なことである。公方足利義教より法律が定められ、もとのように米を売却しなければならない、とお触れになったという。

 

 十九日、晴れ。召し捕られた米商人の主犯格六人のうち、門次郎〈もと乞食である〉・唐紙師ら三人が今日首を刎ねられたという。京都の米は以前のように流通しているそうだ。めでたいことである。

 

 

 「注釈」

「花合」─七夕で実施される法楽行事の一つ。「天神名号」の軸、絵画、花や花瓶、香

     炉などを多数ならべ置いて飾った。花には二星(牽牛星織姫星)の供花的

     要素のほかに、観賞的要素もあった(小林善帆「たて花─連歌会・七夕花合

     せ・立阿弥の「花」をめぐって─」『日本研究』国際日本文化研究センター

     紀要、34、2007・3、https://nichibun.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=589&item_no=1&page_id=41&block_id=63)。

「飢渇祭」─飢渇状態の解消を祈る祭(東島誠「閉塞とV字回復の十五世紀」(『自由

      にしてケシカラン人々の世紀』講談社、2010、92頁)。

所司代」─浦上美作入道性貞(今谷明「増訂 室町幕府侍所頭人並山城守護補任沿革

      考証稿」『守護領国支配機構の研究』法政大学出版局、1986、23

      頁)。

「米札」─未詳。「札」は「猶」の読み間違いか。東京大学史料編纂所の「古記録フル

     テキストデータベース」では、当該箇所は「可米猶沽却之由」と表示される

     ので、解釈は「猶」で訳しておきます。

 

 

*いつの時代にも、悪いヤツはいるものです。今回の悪党は、越後屋ではなく、京都の米商人たちでした。

 さて、この史料は研究者のあいだではかなり有名らしく、最近の研究では、清水克行「古米か?新米か?」(『大飢饉、室町社会を襲う!』吉川弘文館、2008、40頁)と前掲東島著書(90頁)で分析されています。両氏の研究に導かれながら、事件の概要を説明しておくと、次のようになります。

 永享三年(1431)の六月から七月にかけて、京都は飢饉に襲われていました。これは天災ではなく、なんと一部の米商人たちが引き起こした人災だったのです。米商人の主犯格六人は、仲間の商人と結託して、諸国からの米の流通路を塞いで、人為的に京都を飢饉に陥らせたのです。実際に餓死者も出ているわけですから、被害は甚大だったと考えられます。こんな状況で米商人たちは、自分たちの保有している米を高く売りさばいたのでしょう。ボロ儲けです。主犯格六人と仲間を含めた、たった数十人の民間人で、京都を飢饉にしてしまうことができるとは、なんとも恐ろしいことです。

 ところで、この犯人らを召し捕った侍所の所司代浦上性貞は、この一件でメンツを潰して職を辞したことになっていますが、東島著書によると、実は浦上自身も米商人たちと結託していたそうなのです。役人と商人が結託して不正に蓄財する。まさに、時代劇?現代劇?、それともノンフィクション?でよく見かける構図です。

 それにしてもよくわからないのが、主犯格として斬首された門次郎と唐紙師です。彼らは米商人と見なされているのですが、唐紙師の場合、唐紙をつくったり、襖障子に貼り付けたりする職人のはずです。同時に米も商っていたということなのでしょうか。それとも、この謀略を主導して、いくらかの分け前に預かっただけなのでしょうか。よくわかりません。

 また、門次郎はもともと乞食(坊主?)だったようですが、何をきっかけに米商人化したのでしょうか。それとも、別に商人というわけではなく、この謀略を主導しただけなのでしょうか。いったい、乞食と米商人の間のどこに、社会的な接点があったのでしょうか。こちらもよくわかりません。

 唐紙師でありながら米商人、乞食坊主でありながら米商人。一人の人間がさまざまな身分や役割を、重層的に備えている。これが中世人の存在形態だったのかもしれません。