周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

東禅寺文書11

    十一 小早川隆景書状

 

  (安芸)

 為厳島節分、為名代社参、御祈念憑入候、委細従両人

 候、恐々謹言、

     極月廿六日          隆景(花押)

  (捻封ウハ書)

  「                左衛

        東禅寺 まいる      隆景」

 

 「書き下し文」

 厳島節分のため、名代として社参有り、御祈念憑み入り候ふ、委細両人より申すべき所候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 厳島社の節分会のために、私隆景の名代としてお参りし、お祈りを頼みます。詳細については、使者の二人から申し上げなければならないことがあります。以上、謹んで申し上げます。