周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

東禅寺文書10

    十 小早川興景申渡状

 

 依蟇沼寺四分一之儀、度々蒙仰分特寄進状披見候、更以雖分別

 候、貴僧之儀者、別而御辛労事候条、為其賞、向後者四百疋之内百疋合力

 申候之間、三百疋御納専一候、弥祈念之儀可肝心之状如件、

     (1535)

     天文四年八月五日        興景(花押)

 

 「書き下し文」

 蟇沼寺より四分の一の儀、度々仰せを蒙る分特に寄進状披見し候ふ、更に以て分別に及ばず候ふと雖も、貴僧の儀は、別して御辛労の事候ふ条、其の賞として、向後は四百疋の内百疋を合力し申し候ふの間、三百疋の御納め専一に候ふ、いよいよ祈念の儀肝心たるべきの状件のごとし、

 

 「解釈」

 蟇沼寺から、四分の一の件に関してたびたびご指示を承った内容については、特別に寄進状を拝見しました。まったくもって道理を考えるまでもないことですが、あなた様の件については、とりわけご苦労なさることがありましたので、その褒賞として、今後は四〇〇疋のうち一〇〇疋を援助し申します。したがって、残る三〇〇疋をお納めになることが第一です。祈祷の件をますます重要であると思わなければなりません。