周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

長生きは百文の徳

  文安六年(一四四九)五月二十六日条 (『康富記』3─12頁)

 

 廿六日乙巳 晴、或云、此廿日比、自若狭國、白比丘尼トテ、二百餘歳ノ比丘尼令上

 洛、諸人成奇異之思、仍守護召上歟、於二條東洞院北頬大地蔵堂、結鼠戸、人別取料

 足被一見云々、古老云、往年所聞之白比丘尼也云々、白髪之間白比丘尼ト號歟云々、

 官務行向見之云々、而不可然之由有巷説之間、今日下向若狭國云々、

 

 「書き下し文」

 二十六日乙巳 晴れ、或るひと云く、此の二十日ごろ、若狭国より白比丘尼とて、二

 百余歳の比丘尼上洛せしむ、諸人奇異の思ひを成す、仍つて守護召し上ぐるか、二条

 東洞院北頬大地蔵堂、鼠戸を結び、人別に料足を取り一見せらると云々、古老云く、

 往年聞く所の白比丘尼なりと云々、白髪の間白比丘尼と号すかと云々、官務行き向か

 ひ之を見ると云々、而れども然るべからざるの由巷説有るの間、今日若狭国に下向す

 と云々、

 

 「解釈」

 二十六日乙巳、晴れ。ある人が言うには、この二十日ごろ、若狭国から白比丘尼といって、二百余歳の比丘尼が上洛した。さまざまな人々が不思議に思っていた。そこで、守護がお呼び寄せになったのか。二条東洞院北頬の大地蔵堂で、鼠木戸を造り、人別に料金を取り、見物させたそうだ。古老が言うには、昔に聞いた白比丘尼であるという。白髪であるから、白比丘尼と称しているのかという。官務大宮長興はそこに行き、この白比丘尼を見たそうだ。しかし、二百余歳を超えているはずはないという世間の噂があるので、今日白比丘尼若狭国へ下向したそうだ。

 

 「注釈」

「守護」─若狭守護武田信賢。

「大地蔵堂」─瓦之町(中京区東洞院通二条下ル)付近にあったものと考えられます

       (『京都市の地名』)。

「官務」─大宮(小槻)長興。

 

 

*参考史料 宝徳元年(一四四九)七月二十六日条『臥雲日件録抜尤』(http://base1.nijl.ac.jp/iview/Frame.jsp?DB_ID=G0003917KTM&C_CODE=096-0984&IMG_SIZE=1000%2C800&PROC_TYPE=ON&SHOMEI=臥雲日件録抜尤&REQUEST_MARK=&OWNER=&IMG_NO=47大喜直彦「寿命と死」(『中世びとの信仰社会史』法蔵館、二〇一一)を参照しました。

 

 廿六日、赴清水定水庵点心、(中略)庵主曰、近時八百歳老尼、自若州入洛、々中争

 覩、堅閉所居門戸、不使者容易看、故貴者出百銭、賤者出十銭、不然則不得入門也、

  (後略)

 

 「書き下し文」

 二十六日、清水定水庵に赴き点心あり、(中略)庵主曰く、近時八百歳の老尼、若州

 より入洛、洛中争ひ覩る、堅く居る所の門戸を閉ざし、使者容易に看ず、故に貴者百

 銭を出だし、賤者十銭を出だす、然らずんば則ち門に入るを得ざるなり、

 

 「解釈」

 二十六日、清水に向かい、定水庵で昼食をとった。

  (中略)

 定水庵の庵主が言うには、近頃八百歳の老尼が若狭国から都にやってきた。洛中の人々は争って老尼を見ようとした。老尼の居るところの門戸を堅く閉ざし、使者は簡単に見ることができなかった。こういうわけで、身分の高い裕福なものは銭百文、身分の低い貧しいものは銭十文を出した。そうでなければ門内に入ることができないのである。

 

 「注釈」

「定水庵」─清水寺門前二町目にあったと考えられる寺院(「清水寺門前」『京都市

      地名』)。

 

*今回の康富記の記事では二百歳、参考史料では八百歳と、老尼の年齢は異なりますが、二つの記事の時間差は二ヶ月です。常識を超えた年齢の人物が、同じ若狭国に二人いるとも思えないので、おそらく同一人物ついて記したものだと思います。噂に尾ひれがついて、年齢がいい加減に伝わったものと考えておきます。

 さて、この超人的な老尼を一目見ようと人々が押し寄せたのですが、簡単には会うことはできず、お金を払わなければ見物させてもらえませんでした。金持ちは一〇〇文(一万円ぐらいか)、貧乏人は一〇文(千円ぐらいか)と金額に差はありますが、当時は長寿で金が取れたようです。まるで、アイドルのライブに群がる現代人のようです。ただ超人的とはいえ、年老いたバアさんに会うためだけに払うには、ちと金額が高いような気もします。ですが、前掲大喜論文で指摘されているように、「長寿は神仏の加護の証であり、その人物に会って神仏の加護に触れようとした」のであれば、高くないのかもしれません。

 寿命や延命を神仏の計らいと考えなくなってしまった現代人である私は、たとえ一〇〇円であっても、長寿のバアさんをわざわざ見に行こうとは思いません。ここに中世人との大きな隔絶を感じてしまいます。現代人と比べて、命を軽んじていると評価されることもある中世人ですが、彼らも長生きはしたいようです。