周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

追放と帰参

  延徳二年(一四九〇)十一月三日条 (『晴富宿禰記』151頁)

 三日辛巳 晴

  (中略)

  夜前南禅寺早鐘物忩之間、遣人之処、以前擯出之僧欲帰入、不可叶之由大衆蜂起

  云々、冬至也、

 

 「書き下し文」

 三日辛巳 晴れ、

  (中略)

  昨晩南禅寺早鐘物騒の間、人を遣はすの処、以前擯出の僧帰り入らんと欲す、叶ふ

  べからざるの由大衆蜂起すと云々、冬至なり、

 

 「解釈」

 三日辛巳 晴れ。

  昨晩南禅寺の早鐘が打たれ物騒だったので、人を遣わしたところ、以前に追放され

  た僧が南禅寺に帰ろうとした。望みどおりにはならないと大衆が蜂起したそうだ。

  冬至のことであった。

 

 「注釈」

*以前に南禅寺から追放された僧侶が帰参しようとしたが、それを全力で大勢の僧侶た

 ちが阻止した記事です。いったん追放されると、基本的には戻ってくることはできな

 いようです。追放された僧侶は、いったいどこで何をして暮らしていたのでしょう

 か。気になります。