周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

仏通寺文書14

    一四 清唯外三名連署規式写   ○住持記ニヨル

 

 当寺之本銭四十貫文之外、若有入牌銭重出現者、宜彼本銭番々度上レ

 之、雖然或換殿堂之上葺或企新造之大事之時、住持番衆相共評議而取

 本銭之外加之余分、以可之、然後以某人入牌銭、某殿堂修造用之言宜

 載于入牌帳、以貽有功於不朽矣、或復称小破之修理、号斎供之

 闕乏、以至歳節祖忌之費煩、塩醤油麻之不足等、一々不用之、何況於

 余瑣細之事乎、故以衆評議、永為当寺不易之規式、若有違犯者宜

 擯罸者也、

       (三十四年・1427)

  衆悉 応永〈丁未〉八月廿五日       安心

                       玄胤

                       真知

                       清唯

 

 「書き下し文」

 当寺の本銭四十貫文の外、若し入牌銭重ねて出現すること有らば、宜しく彼の本銭を加へ番々之を渡すべし、然りと雖も或いは殿堂の上葺を換へ或いは新造の大事を企つるの時、住持・番衆相共に評議して彼の本銭の外しかのみならず余分を取り、以て之を用ゐるべし、然る後某人の入牌銭を以て、某殿堂の修造に用ゐるの言を宜しく入牌帳に載せ、以て有功を不朽に貽すべし、或いは復た小破の修理と称し、斎供の闕乏と号し、以て歳節・祖忌の費煩、塩・醤油・麻の不足等に至り、一々之を許用せず、何ぞ況んや余の瑣細の事に於いてをや、故に衆の評議を以て、永く当寺不易の規式と為す、若し違犯有らば宜しく擯罸を加ふべき者なり、衆悉くせよ、

 

 「解釈」

 当寺の本銭四十貫文以外に、もし入牌料が重ねて納められることがあれば、必ずこの本銭を加えて各番にそれを渡すべきである。そうではあるが、殿堂の屋根を葺き替えたり、あるいは新築の大事業を計画したりするときには、住持と番衆がともに評議して、この本銭だけでなく余分の銭も取り、それを使用するべきである。その後、誰それの入牌料をもって、どこそこの殿堂の修造に用いたという言葉を必ず入牌帳に載せ、これによってその功績があることを永く後世に残すべきである。一方ではまた、ちょっとした破損の修理と偽ったり、斎食が欠乏したと主張したりして、歳末や節日、祖師の忌日の出費、塩・醤油・朝の不足などに至るまで、一々これを用いることを許してはならない。ましてその他の些細なことについては、なおさら用いることを許してはならない。したがって、評定衆の評議により、永久に当寺不変の規則とする。もし違犯があれば、必ず追放して罰しなければならないものである。僧衆は悉く守れ。

 

*書き下し文・解釈ともによくわからないところがあります。