周梨槃特のブログ

いつまで経っても修行中

三原城城壁文書4

    四 某書状

 

(前闕)

 第一為上使曽我常陸介一昨日爰許着候、彼是被仰聞儀共候、是又申談不叶儀候、兎角御出奉待候、

 一元春之御事石州表警」

 (後闕)

 

 「書き下し文」

 第一上使として曽我常陸介一昨日爰許に着き候ふ、彼是仰せ聞かせらるる儀ども候ふ、是又申し談ずるも叶はざる儀候ふ、兎角御出でを待ち奉り候ふ、

 一つ、元春の御事石州表警」

 

 「解釈」

 まず、第一に上使として曽我常陸介が一昨日こちらに到着しました。あれやこれや言い聞かせなさる件がございました。こちらもまた相談し申し上げたが、思い通りにならない件がございます。いずれにせよ、お出でになることをお待ち申しております。

 一つ、吉川元春の御事。石見国の最前線の警固」

 

 

*書き下し文・解釈ともに、まったくわかりませんでした。