周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

UFO!? 空飛ぶカワラケ!

  文安四年(一四四七)三月十二日条 (『建内記』8─27)

 

 十二日、癸卯、天霽、

  (中略)

 傳聞、先夜天有光物、其勢、如土器二十許連續飛天、入空中云々、

 

 「書き下し文」

 十二日、癸卯、天霽れ、

  (中略)

 伝え聞く、先夜天に光る物有り、其の勢い、土器二十ばかり連続飛天するがごとし、

 空中に入ると云々、

 

 「解釈」

 伝え聞いた。幾日か前の夜、天に光る物が見えた。まるで土器二十ほどが連続して空を飛んでいるかのようだった。そのまま空中に消え入ったそうだ。

 

*空飛ぶ円盤…、ではないんですね。室町人は、未確認飛行物体(たぶん彗星でしょ

 う)の様子を、土器が飛んでいるかのようだ、と表現していたようです。妙に納得で

 す。

 

 

*2018.12.28追記

 中世人は彗星をどのように考えていたのか。その一端がわかる史料を見つけたので、よくわからないところは多いのですが、掲載しておきます。

 

  永享五年(一四三三)九月三日条  (『図書寮叢刊 看聞日記』4─214頁)

 

               (賀茂)

 三日、晴、(中略)抑彗星占文在方進之、

  今月廿五日昏戌時、彗星見酉与戌之間、在尾、度近貫索其色白、

  天地瑞祥志云、彗星者悪気所生闇乱不明貌也、故除旧布新象也、

  天文要録云、彗星出其国更政立王公、

  斑固云、彗星出国暴兵起移其国、

  京房易伝云、彗星出四夷来、兵革起、死人如乱麻、哭声遍野、

  内経云、彗星其色白為喪、

  又云、秋彗星見、西方為兵、

  又云、彗星見、其歳五穀悉傷有飢疾、

    永享五年八月廿七日   正三位賀茂朝臣在方

  条々凶事驚存、今夜三日月不出現、殊晴天也、然而不見、仙洞御祈於北野有御千

    (季保)

  度、四辻以下参云々、

 

 「書き下し文」

 三日、晴る、抑も彗星の占文在方之を進らす、

  今月二十五日昏戌の時、彗星酉と戌の間に見ゆ、尾在り、度貫索に近くその色白

  し、

  天地瑞祥志に云く、彗星は悪気の生む所闇乱れ貌明らかならざるなり、故に旧きを

  除き新象を布くなり、

  天文要録に云く、彗星出づるに其の国政を更め王公を立つ、

  斑固に云く、彗星出づるに国に暴兵起こり其の国に移る、

  京房易伝に云く、彗星出づるに四夷来たりて、兵革起こり、死人乱麻のごとし、哭

  声野に遍し、

  内経に云く、彗星其の色白きに喪に為る、

  又云く、秋に彗星を見る、西方は兵に為る、

  又云く、彗星見る、其の歳の五穀悉く傷み飢疾有り、

    永享五年八月廿七日   正三位賀茂朝臣在方

  条々凶事驚き存ず、今夜三日月出現せず、殊に晴天なり、然れども見えず、仙洞御

  祈北野に於いて御千度有り、四辻以下参ると云々、

 

 「解釈」

 三日、晴れ。さて、彗星の占文を賀茂在方が進上した。

  今月八月二十五日夜、戌の時、彗星が酉と戌の方角の間に見えた。尾があり、その

  長さは貫索星に近くその色は白い。

  『天地瑞祥志』によると、彗星は悪の気が生み出したもので、暗闇を乱し、その相

  貌ははっきりとしないのである。したがって、古い体制を取り除き、新たな体制を

  布くのである。

  『天文要録』によると、彗星が出現すると、その国の政治が改まり、新たな王が立

  つ。

  『漢書』天文志によると、彗星が出現すると、国に暴兵が起こり、その国に移る。

  『京房易伝』によると、彗星が出ると、四方の異民族がやってきて、戦争が起こ

  り、死人がもつれた麻のように重なっている。泣き叫ぶ声が大地に広く響きわたっ

  ている。

  『内経』によると、彗星の色が白いと凶事になる。

  また、秋に彗星を見る。西方は戦争になる。

  また、彗星を見る。その年の五穀はすべて損なわれ、飢饉が起きる。

    永享五年八月廿七日   正三位賀茂朝臣在方

  一つひとつの凶事に驚くばかりである。今夜三日月が出現しなかった。とりわけ晴

  天である。しかし見えなかった。後小松上皇は、北野社で千度祓を行いなさった。

  四辻季保以下が参詣したという。

 

 「注釈」

「天地瑞祥志」─666年、新羅人の薩守真によって執筆された。これは天文に関する

        書物とみなされているが、内容は多方面にわたる。首巻は総論で、巻

        二は天地人三才、巻三は「三光」、巻四と巻五は二十八宿、巻六と巻

        七は星官、巻八は流星、巻九は客星と彗星、巻十は暈と雲気、巻十一

        は雷電、巻十二は風雨、巻十三は夢、巻十四は謡言や魂魄など無形な

        もの、巻十五は植物、巻十六は五行と月令、巻十七は住宅と器物、巻

        十八は禽類、巻十九は獣類、巻二十は祭祀について述べている。この

        うち現在伝存しているのは第一、七、十二、十四、十六、十七、十

        八、十九、二十巻のみである(劉捷「『天地瑞祥志』から見た『山海

        経』の受容と伝播」『東アジア研究』13、2015・3、

   http://petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp/G0000006y2j2/metadata/D300013000012)。

「天文要録」─唐の李鳳(六二二〜六七四)が麟徳元年(六六四)に撰述した。しか

       し中国では早くに散逸し、日本でも前田育徳会尊経閣文庫(以下、尊

       経閣と略称)に写本があるほか、その転写本である人文研本(二十五

       巻分)、また国立天文台本など数種しか現存しない。書目では日本の

       藤原佐世日本国見在書目録』に「天文要録五十」とあるのみで、中

       国ではその名を留めない。尊経閣文庫に残るのも、全五十巻のうち二

       十六巻分に過ぎない。しかし、日本では天文道の安倍氏(中世より賀

       茂氏も)や天文密奏宣旨の中原氏の天文奏文に、『天地瑞祥志』など

       とともに占断の典拠として利用される。また戸板保佑編『天文四伝

       書』(天理大学附属天理図書館蔵)「天文秘書」に『天文要録』の

       巻一(目録・序)が採録されており、日本ではしばしば用いられた

       形跡がある。元来は土御門家に代々継承されていたようであるが、

       土御門家所蔵本は現存しない。内容は日月星辰に特化しており、各星

       座の気に関する項目はあるが、雲気、風角などは含まない。三家それ

       ぞれを内宮(官)と外官(宮)に分類する。中宮ではなく内宮と称

       する例はこれと『天地瑞祥志』のみである(前原あやの「天文占書の

       解題と『天文占書フルテキストデータベース』の意義」『関西大学

       西学術研究所紀要』49、2016・4、

       https://www.kansai-u.ac.jp/Tozaiken/publication/bulletin.html)。

       なお、「天文占書フルテキストデータベース」URLは、

       http://www.temmon.org

「班固」─『漢書』天文志のことか。

「京房易伝」─「京氏易伝」。前漢の代表的易学者京房(字君明、前七七〜前三七)の

       著作。易学によって災異を説明した(釜田啓市「前漢災異説研究史

       『中国研究集刊』25、1999・12、https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/61208/?lang=0&mode=0&opkey=R154484725759438&idx=12

       辛賢「京房『八宮積算法』試論」『筑波中国文化論叢』21、2002・3、https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&block_id=83&item_id=3744&item_no=1)。

「内経」─『黄帝内経』のことか。中国の漢代(前206〜後220年)頃に編纂され

     たものであると推定され、『素問』と『霊枢』二部の合計46巻162篇か

     らなっている。著者は不明だが、複数の人により書かれたとの説もある。

     『内経』は現存の中国医学の理論著書として最古のものであり、また、中医

     学理論の原典でもあると認められている。その内容は医学という学問分野を

     はるかに超え、天文学、暦学、気象学、生物学、地理学、心理学および哲学

     などの多くの分野に及び、中国古代の勤労者と科学者の研究成果と知恵を吸

     収している(郝暁卿「『黄帝内経』の叡智」『福岡県立大学人間社会学部紀

     要』22─2、2014・1、

     http://www.fukuoka-pu.ac.jp/kiyou/mokuji.htm)。

「千度」─「千度祓(せんどばらい)」のこと。神道行事として行う祓の一方式。中臣

     祓などの祓のことばを千度くりかえし唱える修法で、多人数が同時に行うの

     を常とし、十人ならば百遍、百人ならば十遍をもって千度祓とする。千度の

     御祓(『日本国語大辞典』)。