周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

東禅寺文書13

    十三 弁海名主職知行注文

 

  一弁海御公事足之外名主職よりもとさた仕候分

   料足二貫文領家公領 米九斗〈地頭年貢」是ハ失原殿給分いまは無そく〉

  小公事物代          (矢ヵ)

   桑代花代鳥銭等以上二百文是も失原殿とられ候

   文料麦四舛 大豆二舛 道祐方へ調候

     以上名子分之なし物之外ニ、名主職之内よりこれ等をさた申て候、いまは

                               (と)

     二貫文之代九斗米ハ御売得之内ニ入て候、少公事物文料な□も同うき物

     にて候間、可入かと存候処ニ皆々下地をおさへ候て、名主職之内畠を

     (抑留)(う)

     よくり□候、無故事かと存候、

  一名主職内公事足之外ニ金剛坊不知行之処

                 (官)

   田一段〈柳か坪」七百文処〉代管得分 畠一段〈柚木坪」少公事物方ニ失原殿

                         (抑)

                         能留〉

   畠一所〈文料之方ニ」道祐能留候〉 畠一処〈いほりのさこ」助太郎分の内

                        とて失原殿執心候〉

  あち原               あち原

   畠一段〈麦三斗」大豆一斗五舛〉 田九十歩米一斗 林二ヶ所但いまは木なし

                     (あつ)

         もとハ我等か方より道久ニ□□けて候、近年ハ不成候欤、

 (裏書)

 「

  神迫権大郎か迫          (末松)  (敷)

   林二ヶ所但いまは木なし 堀田半  十郎二郎屋職

       (敷)

  一掃部本屋職兵庫殿屋職〈元ハ二百文さた候」後ハ代処にて候〉

   畠一処〈社前」二作百文〉 是ハ上意にて候とて失原殿わたされす候、

    ゆいしよとなしミ申事にて候へハ、本屋職之分ハ御契約之間ハ如元と被

    仰出候者畏入候、御正作ニなり候ハん時□御扶持もあるへき様に御意

    候ハんには畏入存候、」

 

*書き下し文・解釈は省略します。

*割書とその改行は〈 」 〉で記載しています。