周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

東禅寺文書18

    十八 弁海名内知行注文

 

  弁海名内門田五反ハもとよりぬけ候、

 一助太郎分田五段大

  同人分 畠一段 屋敷一所 林〈屋奥」風呂奥〉

  麻畠  以上失原殿御恩にて候、下地進候、

   是ハ元道端持分内公事免ニて候、

 一弥二郎作田一段半  畠一段半

 一藤九郎作田一段六十歩 畠一段

                    九郎大夫

  是ハ道光持分にて候、近年弥二郎藤九郎両人持分を一人ニあつけ候て、御公事仕候、

                      御代管方へ納候、

 此田二段大より年貢失原殿方へ四斗さた申候、末松殿方へ三斗さた申候、道祐の

 方へも一二舛さた申候哉、

 畠二段半より麦四斗大豆二斗

   失原殿へさた申候、門料とて[  ]道祐よりさた候由申候、

 

 

*書き下し文・解釈は省略します。

*割書とその改行は〈 」 〉で記載しています。