周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

東禅寺文書14

    十四 弁海名名主職知行注文

 

  (端裏書)

   「名主職之内」

       三分二ノ公事足ハ失原殿給分助太郎分

   弁海名内

       三分一ノ公事足ハ九郎大夫持て候

  御公事足之外ニ和気知行候之名主職内ぬけ候分

  田一段〈御代管分とて」末松殿知行〉  畠一段〈名主のさたし候鳥銭桑代花

                         代」等の分とて失原殿知行〉

 掃部分

  屋敷一処兵庫殿跡  畠一処〈社前」失原殿知行〉

                          (郎)

  畠一処〈いほりのさこ」失原殿知行分〉  田半末松□郎次郎屋職

            味原  小林 (末松)

  畠一段  田九十歩  林  林  道久知行

 神迫

  林 林権太郎か迫  十郎二郎知行候

  畠一処〈文料分とて」道祐知行候〉

  御公事足之外名主さた申候之分

                   (んヵ)

  但これハ明徳四年御散田ニ被定候時お□われ申て候分にて候欤

  料足二貫文領家公用  米九斗〈地頭年貢」失原殿給分〉

  桑代花代鳥銭〈已上二百文」失原殿給分〉  麦二舛 大豆一舛文料

 

*書き下し文・解釈は省略します。

*割書とその改行は〈 」 〉で記載しています。