周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

実際寺文書2

   二 雪舟寄進状

 

 藝陽無爲山實際寺之事、紀氏栗栖歸源禅門之開基也、 奉─二愛宕山勝軍地蔵

 大薩埵之尊像、爲武運長久一門堅固也、上与一野并屋敷、至末代寄進

 之者也、當寺佛法繁栄之状如件、

    (1375)

    永和元年九月十日

                  (葉ヵ)

                東福末柴實際寺住持

                        雪舟(花押)

        ○本文書、研究ノ余地アリ

 

 「書き下し文」

 藝陽無為山実際寺の事、紀氏栗栖歸源禅門の開基なり、愛宕山勝軍地蔵大薩埵の尊像

 を勧請し奉る、武運長久・一門堅固の為なり、上与一野并に屋敷、末代に至るまで之

 を寄進せらるる者なり、当寺仏法繁栄の状件のごとし、

 

 「解釈」

 安芸国無為山実際寺のこと。紀氏栗栖帰源禅門の開基である。愛宕山の勝軍地蔵菩薩の尊像を勧請し申し上げた。武運長久と一門の結束を祈るためである。上与一野と屋敷は、将来に至るまで寄進されるものである。当寺の仏法は繁栄するはずである。

 

 「注釈」

「芸陽」─未詳。安芸国の意味か。

愛宕山」─京都市右京区嵯峨愛宕町愛宕神社本地仏は勝軍地蔵(『京都市の地

      名』)。

「上与一野」─広島県山県郡安芸太田町寺領。

 

*偽文書の可能性があるようです。