周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

東禅寺文書8

    八 小早川弘景寄進状

 

 東禅寺御寺領段銭之事、権律師増威御一期之間、奉為年始歳末之愛染供

 寄進者也、如此申定候上者、雖公方之儀違乱候、然者子孫長久

 奉御祈祷候也、恐々敬白、

      寛正五(1464)

       十二月十五日       弘景(花押)

      東禅寺 進覧候

 

 「書き下し文」

 東禅寺御寺領段銭の事、権律師増威御一期の間、年始歳末の愛染供のおんため寄進する者なり、此くのごとく申し定め候ふ上は、公方の儀と雖も違乱有るべからず候ふ、然れば子孫長久の御祈祷を憑み奉り候ふなり、恐々敬白、

 

 「解釈」

 東禅寺領から徴収する段銭のこと。権律師増威が院主を務めている期間は、年末年始の愛染明王供養法会のために寄進するものである。このように決定し申し上げるうえは、幕府の裁決であっても、取り決めを破ってはなりません。したがって、子孫長久の御祈祷をお頼みの申し上げるのであります。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「増威」

 ─未詳。なお「御一期」も、どういった役職に就任している期間なのかわかりませんが、一応、東禅寺院主職と推測しておきました。

 

「公方」

 ─どの権力を指すのか確定できませんが、一応、幕府と推測しておきます。