周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

蟇沼寺文書4

    四 楽音寺座列次第規式

 

(端裏書)

 「楽音寺座烈次第」

                 円覚房

    明道房       戒円房

    蓮乗房       定月房

    乗円房       法泉房

    乗性房       心浄房

    明了房        一和尚

   北東          南東

 

   北西          南西

    寂蓮房       道円房

    境妙房       法乗房

    境乗房       寂法房

    乗光房       明静房

                 遺教房

                 知道房

(裏書)

 右於自今已後者守此之旨、不前後錯乱之儀、於若背此旨

 致自由着座之輩者不知坊敷者也、仍之状如件、

     (1303)

     乾元貳秊癸卯卯月 日     法印覚禅(花押)

 

 「書き下し文」

 右自今已後に於いては此の旨を守り、前後錯乱の儀有るべからず、若し此の旨に背き、自由着座を致すの輩に於いては、坊敷を領知すべからざる者なり、之により状件のごとし、

 

 「解釈」

 右、今後についてはこの取り決めを守り、その順番を混乱させることがあってはならない。もしこの取り決めに背き、自由に着座する者がいれば、僧坊やその敷地を領有してはならないのである。よって、座並の規則は以上のとおりである。