周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

稲葉桂氏所蔵文書5

    五 某奉書写

 

       コヽニカキハンアリ

 弁海名三分二安堵事、御下文如此、依由緒御下知之上者、縦雖

 望申輩、無左右御計、可知其旨之由、被仰下

 候也、恐々謹言、

      十二月廿五日        □□奉

     右衛門三郎殿

 

 「書き下し文」

       此処に書判有り

 弁海名三分の二安堵の事、御下文此くのごとし、由緒有るにより御下知するの上は、縦ひ望み申す輩有りと雖も、左右無く御計らひ有るべからず、其の旨を存知せしめ給ふべきの由、仰せ下され候ふなり、恐々謹言、

 

 「解釈」

 弁海名名主職三分の二安堵のこと。御下文はこのとおりである。安堵の根拠があることによってお命じになったうえは、たとえ望み申す輩がいたとしても、言うまでもなく、こちら(預所側)の処置として名主職を改めることはありえない。この所存を承知させなさるべきである、とお命じになったのです。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「御下文」─4号文書か。