周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

仏通寺文書5

    五 後小松天皇綸旨写    ○東大影写本ニヨル

 

             (周及)

 依芸州豊田郡仏通寺者愚中之本寺、相並南禅第一上刹、永代可

 紫衣法服之旨、武家之奏状被聞食訖、宜宝祚延長、者依

 天気執達如件、

     (1409)

     応永十六年         (海住山清房)

       三月二十八日       左少弁〈在判〉

        仏通寺

          僧衆中

 

 「書き下し文」

 芸州豊田郡仏通寺は愚中の本寺たるにより、南禅第一の上刹に相並び、永代紫衣法服を著すべきの旨、武家の奏状を聞こし食され訖んぬ、宜しく宝祚延長を祈り奉るべし、てへれば天気により執達件のごとし、

 

 「解釈」

 安芸国豊田郡仏通寺は愚中周及の本寺であるから、五山第一位の南禅寺と並び、永久に紫衣の法服を着るべきである、という内容の武家の奏状をお聞き入れになった。必ず皇位が長く続くように祈り申し上げよ。というわけで、以上が帝のご意向である。