周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

仏通寺文書10

    十 清唯外三名連署規式   ○東大影写本ニヨル

 

 (端裏書) 丹波

 「仏通寺天寧寺住持定」

   安心庵主  道文書記  咸一侍者

   (聖)           (東谷)

   □崗庵主  案捴上座  聖日庵主

   (笑花)    (宝林)

   祖間上座  真琢上座  真璨侍者

          (千畝)    (一笑)

   永存蔵主  周竹侍者  禅慶上座

                 (二年)

 仏通天寧両寺住持、老僧四員交代、十□□後此十二人、次第可住持者也、

 (依衆)

 □□評議、老僧四人加判、

      (応永三十)

     □□□□年三月十四日

                    玄胤(花押)

                    慧統(花押)

                    真知(花押)

                    □(清)唯(花押)

 

 「書き下し文」

 仏通・天寧両寺の住持、老僧四員交代す、十二年後に此の十二人、次第に住持せしむべき者なり、衆の評議により、老僧四人加判す、

 

 「解釈」

 仏通寺・天寧寺両寺の住職は、我ら老僧四人(清唯ら3名・各任期3年)が交代で就任する。十二年後にはこの十二人が、順次住職となるべきである。評定衆の評議により、我ら老僧四人が判を加える。